真ん中まなか〜先天性疾患を持つ子の育児日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 循環器科受診(2010年10月)

<<   作成日時 : 2010/10/30 07:48   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

心房中隔欠損(ASD)で、
半年に1回、経過を診てもらっているマナカ・・・
 
今週の火曜日は、
その診察日だったので、
 
半年ぶりに循環器科の診察をうけてきました
 
 
心房中隔欠損(ASD)というのは、
心臓の、右心房と左心房の間の壁に、
孔(あな)があいているという病気なんだけど、、、
 
マナカの孔(あな)の大きさは、
以前、心エコーでみたときは、10mm
 
自然閉鎖は、なかなか難しそうなので、
いずれ、孔(あな)をとじる処置が必要かも・・・
 
ですが、さしせまって悪い症状が出ている訳でなないので、
様子をみているという現状です。
 
 
そんな感じで、今回、受診してきたのですが、、、
 
 
心電図とレントゲンをとり、
(心電図は泣かずにがんばったけど、レントゲンは大泣き)
 
診察室へ入ると・・・
 
いつもとは違う先生が診察をしてくれました。
 
たまたまいつもの先生がいなかったのか、
担当医が変わったのかは・・・謎
 
でも、今回の先生は、
説明がていねいで、わかりやすく、
 
わたし的には、「いい先生だな〜」という感じでした
 
で。
 
診察の内容は・・・
 
心電図も、特に乱れておらず、
 
レントゲンで撮った心臓は、
半年前と変わらず、特に大きくなっているわけでもなし・・・
 
肺にうっ血もみられず・・・
 
 
「特に悪くはなっていませんね」
 
「でも、心雑音がまだあるので、孔(あな)はあいたままのようです」
 
・・ってことでした
 
 
孔(あな)を閉じる処置は、
開胸して手術で閉じるか、カテーテルで閉じるか・・
 
どちらかの方法になるんだけれど、
 
いずれにしても、もう少し体が大きくなって、
体力がついてからの方が良いので、
 
また、半年毎に経過をみることになりました。
 
 
ちょっと話しが先走っちゃうけど、
 
孔(あな)を閉じる処置について・・・
 
以前の診察で、
開胸手術よりも、カテーテルの方が、
マナカ自身の負担が少なくてすむという話しを聞いていて、、、
 
でも、カテーテルでできるかどうかは、
孔(あな)の大きさや、位置などにも関係するので、
一概にはできないと、説明されていました。
 
今回の診察で、
 
どちらの方法で閉じるかの見極めは、
4〜5歳くらいになった頃に、
詳しい検査でみることになります・・と言われました。
 
ホッ!よかった〜
 
実は、先週のドラマ「医龍3」が、
まさに心房中隔欠損(ASD)の話しで、
 
チームドラゴンは手術で閉じたほうがいいと言い、
 
それに対抗する黒木先生はカテーテルでできると言い、
 
それぞれが、別々に患者に接して、
まったく違う説明をしていたので、、、
 
「こんなんじゃ、患者は迷っちゃうよ〜〜
 
こんな状態で、どちらか決めることなんてできっこないよ〜〜
 
と、ハラハラして見てました。
 
ドラマの話しだとは、わかっていても、
同じ病気だと思うと、ついついマナカとシンクロさせちゃうんですよね。
 
ドラマの方は、結局、カテーテルを選択し、
心房中隔欠損(ASD)に加えて、不整脈まで治り、
万々歳で終わりましたけど。
 
マナカは、不整脈がある訳ではないので、
開胸手術か、カテーテルかの判断が、
ドラマとリンクするわけではないんだけど、
 
先生の方でも、詳しい検査をして、
どちらがマナカにとって最善の方法かをみてくれるつもりでいるようなので、
 
安心しました・・
 
 
・・と。
ちょっと話しがそれちゃったけど。
 
次回、また半年後に経過をみることになった循環器科受診でした
 
 
 
ランキングに参加しています。
↓↓↓ポチッとクリックで応援お願いします♪

にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
 
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、マナカちゃん診察お疲れ様でした当初、息子も、レントゲン、心電図は、大泣きでしたね、体を固定する為の台にくくりつけて身動き出来ないようにしてました自分はそれ以来、レントゲンは一緒に入室せずに元ナースの妻に託し、自分は息子の泣き声が響き渡る廊下で、待ってました。流石の妻も他の方法ないのかなって、言ってましたね。
マナカちゃんはとても元気そうですし、最善の方向に行くと思いますよかななんさん、ドラマはあくまでもドラマですから
担当医は、良い先生だそうで良かったですね。我が担当医も、穏和な感じの良い先生で、よかったです。
担当のナースの方もニコニコ朗らかで、いい感じの方ですね
papa
2010/10/30 10:31
>papaさん
奥様、元看護師さんなんですね。それは心強い!
うちの通っている病院は、レントゲンを撮るときは、親は外に出されるので、私もいつもpapaさんと同じように、廊下で泣き声を聞いています。あれ、とっても切ないですよね。うちは、台にくくりつけてはいないと思いますが、技師さん達に押さえつけられて撮っているんだろうと思います。治療のためとは言え、トラウマにならなきゃいいけど。
ドラマは、現実離れしたストーリーなので、そこまで入り込まずに見ているんですが、なんとなく同じ病名とか出てくると、やっぱり、ちょっと気になっちゃいます。ドラマはドラマとして割り切ることにしますね。実際の先生は、マナカ自身をちゃんとみてくれているので、信頼しておまかせしたいと思います!
かななん
2010/11/01 15:25

RANKING

ランキングに参加しています。
マナカと同じ様に頑張っている子供達がたくさんいるので、そちらもご覧くださいね。
↓ポチッとクリックお願いします♪ にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ

Twitter


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
循環器科受診(2010年10月) 真ん中まなか〜先天性疾患を持つ子の育児日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる