真ん中まなか〜先天性疾患を持つ子の育児日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 一筋の涙

<<   作成日時 : 2011/01/05 03:32   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 1 / コメント 8

先月後半は、あまりブログを書けなかったのですが・・・
 
書きたかったことがたくさんあったので、
ちょっと、過去ネタを書かせていただきます
 

 
実は、12月上旬は、
一人で、ちょっとだけあせっていた私です。
 
ここ数ヶ月で、マナカは目覚しい成長を見せてくれ、
 
つたい歩きもしっかりしてきたり、
おしゃべりも上手になってきて、
 
嬉しい限りだったのですが・・・
 
その成長っぷりを披露できるのは、
私とパパと、それぞれの実家と、ごくかぎられた人の前だけ。
 
慣れていない場所や、知らない人の前だと、
じっとかたまってしまうのです。
 
児童デイサービスに通い始めて、9ヶ月目になりますが、
ここでもまだ本領発揮できておらず、
 
調子の良いときと、悪いときの波はあるものの、
基本的には、いまだに私から離れられずにいます。
 
 
マナカの成長っぷりは、他の人にはわからなくても、
私がしっかり確認してあげていればいいことなのですが、
 
やっぱり、「できる姿」を他の人にも見て欲しい・・なんて気持ちが、
心の隅っこの方にあるのも事実(見栄っ張りかしら?^^;)
 
 
「なんでこんなに警戒心が強いんだろう?」
 
「家でできることが、外ではできないのがもどかしい・・・」
 
そんな気持ちが、
私の中で、少し強くなってしまったような時期でした。
 
 
2歳6ヶ月歯科健診で、
同じ年齢の子達に会ったことも影響しているのかな・・・
 
他の子達に比べ、発達が遅いことは、
全然、気にしていないはずだったのに、、、
 
どこかで、気にしている自分がまだいるのかもしれませんねぇ・・・。
(修行が足りませぬ・・・
 
 
そんなある日(12/10)、
 
たまたま、児童デイサービスの出席者が、
マナカ1人だけの時がありました。
 
(定員10名のクラスで、普段は8人くらい、
少ないときでも5人くらいはいるんですけどね・・・)
 
この日は、じっくり先生とお話しができて、
心にたまっていることを聞いてもらうことができました。
 
 
実は・・・
 
マナカの警戒心の強い性格は、
私の育て方のせいなんではないか・・・そんな不安もあったのです。
 
 
本当に親バカで、恥ずかしいんですが、
 
マナカのことが、ものすごーーく大好きで、
かわいくて、かわいくて仕方ない私・・・
 
他人から見たら、溺愛しすぎかも?と思うこともあるし、、、
 
人見知り、場所見知りで泣いてしまったら、
無理にその場にあわせさせるのではなく、
 
私が抱っこして、落ち着かせたり、なだめたり・・・
 
そうゆうのが、もしかして甘やかしなのか?
泣いてもわめいても、いろんな人に慣れさせた方がいいのか?
 
なんだか、よくわからなくなってしまっていたんだと思います。
 
 
先生に話して、少しすっきりすることができました。
 
 
先生には、、、
 
マナカは、いろんなことをすごくよく見て、観察しているので、
私達が思う以上に、たくさんのことを理解していると、言われ、、、
 
そして、
 
これまでの、入院や通院で、
他の子達がしないようなたくさんの経験をしていて、
 
その経験は、あまり良いイメージではないわけで・・・
 
今のマナカにとっては、
 
「ママがいなくなる=入院で夜一人ぼっちになる」とか、
 
「ママがいなくなる=痛いことをされる」とか、
 
マイナスな面ばかりだけれど、、、
 
これから、楽しい経験をたくさんすることによって、
 
「ママがいなくなっても遊んで待っていられる」
 
というプラスなイメージに転換され、
警戒心も、次第に弱まっていくから大丈夫・・と言ってもらえました。
 
 
 
そして、また数日後のある日(12/15)、
 
児童デイサービスで、
臨床心理の先生と面談をする機会がありました。
 
臨床心理の先生は、常勤の先生ではないので、
マナカ自身が、あまり慣れていなくて・・・
 
面談の前週と、前々週、
廊下や保育室でたまたま先生に会い、
マナカは大泣きしていたくらいです。
 
なので、面談にならないんじゃないかと思っていたのですが、
予想に反して、当日のマナカは絶好調で、
 
パズルや、物の名前を答えたりするようなテストを、
余裕でこなしていました
 
で、面談の最後に、
「何か心配なことはありますか?」ときかれ、
 
ここでも、警戒心が強く、外ではあまり楽しめず、
できることもできないという話しをしていたら、
 
それまで、楽しそうにおもちゃで遊んでいたマナカの手がとまり、
急に、かたい表情になってしまったのです。
 
泣くのをこらえているような表情だったので、
抱っこしてあげたんだけど、
 
先生いわく、
 
「マナカちゃん、私達の話しがわかっているのよ〜」
 
「自分のことを話されているのもわかっていて、
”できない”とか、”心配”とかゆう言葉に反応しちゃうの」・・と。
 
「もうなんでもわかるから、ママが○○できないって言っていると、
それができない自分を責めちゃうから、
これから、否定的なことは、聞かせないようにしないとダメね・・。」
 
と言われました。
 
そんな話しを先生から聞いている間も、
マナカを対面抱っこしていたんだけれど、
 
ふと、マナカの顔を覗き込むと、、、
 
マナカの目からは、一筋の涙が、
頬にこぼれおちていました。
 
声もたてずに、涙しているマナカの顔を見たら、
 
もうたまらなく愛しくなってしまって・・・
 
マナカは一生懸命頑張って、いろんなことを克服しているのに、
私は、なんてつまらない「ことを気にしているんだろう・・・
 
マナカが立派に成長している姿は、
私やパパが、ちゃんと見守っていてあげればいいんだ・・と、
 
心から思いました。
 
 
 
その後、12月後半になると、
なぜか、マナカの警戒心は少し弱まった感じで、

友達の家などでも、和やかに遊ぶことができています。
 
そんな姿を見ると、
 
「あの時の私の話しを気にして、
マナカなりに、がんばって克服したのかな?」・・なんて気にもなるけれど、
 
当のマナカ自身は、ただただ楽しそうなので、
 
そうゆう時期がきたのかな・・という気もしています。
 
 
私があれこれ気をもんでも、意味はなく、
マナカは、マナカのペースでちゃんと成長してくれるんだなー。
 
 
マナカを信じて、しっかり見守っていきたいと思います
 
 
 
長々と書いちゃってすみません。
読んでいただき、ありがとうございました。
↓↓↓ポチッとクリックで応援お願いします♪

にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
 
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
児童デイ・・新年度初通所
マナカの通っている児童デイサービスは、 3月25日から4月6日まで、春休みでした{%春webry%} ...続きを見る
真ん中まなか〜先天性疾患を持つ子の育児日...
2011/04/09 09:00

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
まぁぁったく、りょうと同じ。私も自分の育て方が悪いんじゃないかと責めますよ。
ただ、マナカちゃんもりょうも物凄い慎重派で観察力が秀でているだけです。

りょうがやっているポーテージと言う療育課題だと、色々遅れてるのに、観察力は6歳児並みにあるらしいです。

よく見て、聞いて、納得したらその世界で少し自分を出してみる。何でもすんなり馴染むより、自分にとって安全かどうか見極めて行動してるんですよ
これって凄いと思いません[
うちも未だにお友達とご飯食べれないし、新しい場所は抱っこばかりだけど、これも個性だ…って思うようにしてます。
頭が良い証拠です
ポコママ
2011/01/05 06:17
初めてコメントさせて頂きます。
よくブログを拝見させて頂いています。

家の娘は、4歳になりますが、人前に出るとカチコチに固まってます。他の子は、大人の真似をして踊っていても、一人だけ固まっているので余計に目立っているのですが、構わずポーカーフェイスで仁王立ちしてます。
ただ、兄(7歳)といると強気になって、なんでも出来ます。一人では風船を配っている人にも貰いに行けなくても兄妹で行くと2個頂戴くらいは、平気で言えるくらいになります。
なので仲のいい子が出来ると物凄く変わると思います。一人でもいいので仲の良い友達を作ることをお薦めします。
2児の父
2011/01/05 22:09
かななんはまじめ過ぎなんだよーー。
人と違うなんて、うちらは初めからだったし、
そんなのわかってる事じゃん!
それに、初めてうちに来た時に比べると
ぜんぜん、まなちゃん成長してるよーー。
自分の事どころか、ママの気持ちまで感じ取るように
なったなんて、超成長じゃん。
うちはまだおしゃべりできないし、不安はあるけど、
色々な状況だけは用意してあげて、あとは
自分からおしゃべりする日を気長に待ってることに
したよ。
まなちゃんと遊ぶのもいい刺激だし、あたしも勉強に
なってるよ。
今後もお互い愛娘の成長を信じて見守ってこーね。
じゅん
2011/01/07 00:22
>ポコママさん
りょう君とは、やっぱり似ているところがあるね〜。観察力が6歳児並みってすごい!!
もともとおとなしいところがあるので、びびりーなのも個性かなって思っていたんだけど。先月上旬はなんだかめずらしくちょっと色々考えてしまいました。
ポコママさんの言う通り、りょう君もマナカも自分で安全かどうかを見極めるなんてすごいよね。自慢の子供達だわ〜って思って、大事に見守って行きましょう!
かななん
2011/01/07 02:16
>2児の父さん
初めまして〜♪コメントありがとうございます!
ポーカーフェイスで仁王立ちしているというお嬢さんの姿を想像すると、なんだか微笑ましく思ってしまいました。お兄ちゃんと一緒だと何でもできるというのも、ステキですね。兄妹の絆を感じます。
今のマナカは、信頼できる人が私やパパなど大人ばかりですが、子供同士で信頼できるお友達ができたら、また全然ちがってくるかもしれませんね。そうゆうお友達が作れるように育てていきたいな〜と思います。アドバイスありがとうございました!
かななん
2011/01/07 02:30
>じゅん
ありがと〜!そうだよね。じゅんの家に初めて遊びに行った時は、ものすごい大泣きで、ずっと抱っこしていたもんね。今は、みーちゃんとマナカが一緒に遊べるようになって、本当にすごい成長したなーって実感してるよ。この前、みーちゃんと「しーっ」ってやったのを覚えているみたいで、家でも「みーちゃん、しーっ」って言っているよ。「またみーちゃんと遊ぶ?」って聞くと、「また、遊びたい」って言っているので、今年もたくさん遊んでね♪
あと、全然まじめじゃないんだけど、時々、ヘンなことを考え始めたりしてしまうので、そんな時は、またカツをいれてね〜!
かななん
2011/01/07 02:37
ご挨拶遅れてすみません(>_<)
あけましておめでとうございます♪
今年もどうぞよろしくお願いします(*^_^*)

かななんさんの気持ち、とってもよくわかります!
うちの娘たちも、いまだにかなりの内弁慶で…。
せっかく頑張ってダンスを練習しても、
発表会では棒立ちで半べそだったり…(^^;;
仕方のないことだけど、
親としては『本当はもっとできるのに!』って
思ってしまいますよね。

でも、気持ちを切り替えて前向きになれるかななんさんは
とってもすごいと思いますヾ(^▽^)ノ
マナカちゃんも、そんなかななんさんの愛情を
しっかり感じ取っているのでしょうね(*^_^*)

そうそう!
発表会で棒立ち半べそだったアイアイ。
2回目の発表会では立派にダンスを披露してくれました!
子供は子供なりに、色々考えて成長しているんですね(o^-')b
みゅーみゅー
2011/01/07 22:00
>みゅーみゅーさん
こちらこそ、今年もよろしくお願いします♪

そうそう、『本当はもっとできるのに!』って、まさにそんな気持ちです。みゅーみゅーさんにも気持ちをわかっていただいて、とっても嬉しいです。
最近のアイアイちゃん&ミンミンちゃんは、ブログを読んでいても、すごーーくお姉さんになったよう感じなので、マナカもそうゆう風に成長してくれるといいなーと思っています。
1回目がダメでも、2回目。それでもダメなら3回目がありますものね☆私も、マナカなりに色々考えて成長してくれる過程を大切にしていきたいな〜と思いました(^^♪
かななん
2011/01/11 02:17

RANKING

ランキングに参加しています。
マナカと同じ様に頑張っている子供達がたくさんいるので、そちらもご覧くださいね。
↓ポチッとクリックお願いします♪ にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ

Twitter


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
一筋の涙 真ん中まなか〜先天性疾患を持つ子の育児日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる