真ん中まなか〜先天性疾患を持つ子の育児日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 母子分離

<<   作成日時 : 2011/09/02 19:59   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 6

マナカが通っている児童デイサービスでは、
昼食後、30分程度の母子分離があります。

この30分間、子供達は、保育室で先生達と遊び、

ママ達は、別室へ移り、ティータイム

って、感じなのですが・・・


去年の4月から、児童デイに通い始めたマナカ。

1年間、まったく母子分離ができませんでした

最初の9ヶ月間は、母子分離どころか、
児童デイ自体をまったく楽しめておらず、

ずーっと、私に抱っこ・・なんてこともあったので、

ま、しょうがないんですけどね。σ^^;


今年に入って、やっと、慣れてきて、

お友達と関わる姿勢もでてきたり、
先生に積極的に話しかけたりするようになり、

3歳になった4月頃から、
少しずつ、母子分離もできるようになってきました。


母子分離ができるようになったきっかけは、
先生が用意してくれた時計の写真でした。


分離の時間は、12時30分から1時までなので、

1時になれば、ママが帰ってくるということを、
視覚的に理解させるため、

1時をさした時計の写真を2枚用意してくれたのです。


分離の前に、時計の写真を見せ、
「時計が1時になったら、ママ帰ってくるからね」と言い、

1枚は、マナカに手渡し、

もう1枚は、
「ママ、忘れないように持っていくからね」と、
私が持って行きました。

10分程度の分離から始め、

最初は、泣いていたマナカも、
段々、泣かずに、「いってらっしゃーい!」と言えるようになり、

時間も少しずつ、延ばしていき、

みんなと同じように、母子分離ができるようになったのです


が・・・


最近、またまた、分離が苦手になってしまったマナカです。

たぶん、7月の入院生活のトラウマかな〜・・と、
思っているのですが、、、

7月に、右手の手術で入院した際、
完全看護の病院だったので、

夜は、1人っきりになってしまったマナカ。

寝かしつけてから家に帰るようにしていたし、
朝も、7時前には病院に行くようにしていたけれど、

やっぱり、夜中に起きてしまい、
1人で淋しくて、大泣きしていたようです。

「おうちに帰って、洗濯してきたんだよ」と、
説明していましたが、

この時のことを、いまだに覚えているようで、
たまに思い出したように、

「病院の時、パパとママはどこに行っていたの?」と、
恨みがましく、聞いてきたりするんですよねぇ・・・。


そういう訳で、
本当に、それが原因なのか定かではありませんが、


退院後、児童デイで、母子分離の時間になると、
「やだ!・・・淋しいよぉ。。」と言って、

分離を拒むようになってしまったマナカです。


淋しい・・なんて、言われると、
ついつい、「かわいい」なんて思う自分もいて、

私も子離れできていないなー・・と、ちょっと反省なんですけどね。^^;


でも、以前、分離できなかった時は、

無理矢理離れることは、マナカにとっては良くないことだという思いが、
自分自身にもあったのだけれど、

今回のマナカは、頭ではわかっているんだけれど、
気持ちがついていっていないような感じがあり、

ここは、泣いても離れるべきかな〜・・と思っていました。

先生にも相談してみたところ、
先生も同じように思っているとのことで、

まずは、短い時間から、
マナカが泣いても、分離することにしました。


児童デイに行く時は、
「今日もママ、お話に行くから」と、心構えをさせておき、
(分離する=お話しに行くと言っています)

それでも、いざ分離の時間になると、
毎回、「淋しいよぉ〜」と言って、泣くのですが、、、

今日は、朝、家を出るとき、

「ママ、今日もお話に行くの?」と聞かれ、

「そうだよ」と答えると、

「エンエンしないで行く」と、
とっても、前向きな姿勢を見せてくれました。


とは言え、やっぱり泣いてましたけどね。^^;


それでも、先生に遊んでもらったりして、
気持ちを切り替えることができるときもあるようで、

少しずつ、また進歩しているのかな〜・・と、
ちょっと、たくましく思ったりもしています。


ちなみに・・・

マナカの通っている児童デイで、
こんなにも母子分離に苦戦しているのはマナカだけで、

ほとんどの子は、数ヶ月で、
分離できるようになっているんですよねぇ・・・。

以前、「ママとの絆ができている証拠だ」と、
先生に言ってもらえたこともあるけど、

ここまで、ママっ子だと、
「ベッタリさせすぎたかしら?」と、
子育てに自信をなくしたりもするけど・・・

でも、定期的な通院と、5回の入院をし、
3歳ながら、不安な気持ちをたくさん経験したんだろうな・・と思うと、

安心できる場所で、甘えさせてあげることは、
やっぱり、必要なことだったのかな・・って、思ったりもする訳で・・・。


どうすべきだったか、どうするべきかなんて、
答えはないんだと思うけど、

私なりに、愛情をそそいでいくしかないかな

それしかできないしね



ランキングに参加しています。
↓↓↓ポチッとクリックで応援お願いします♪

にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
育児と体重
育児の体重には目安がありますが、あまりこだわらない方が良いでしょう。赤ちゃんにも個人差があり、また、成長の速度も異なりますので、必ずしも標準体重に沿っていないからと日々の体重の変化に一喜一憂するのも考え物です。毎日よりは、一ヶ月単位程度での成長を確認すると良いでしょう。 ...続きを見る
育児ママの応援サイト
2011/09/03 12:06
通院の日
そういえば・・・ ...続きを見る
真ん中まなか〜先天性疾患を持つ子の育児日...
2011/10/02 23:58

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
愛情いっぱいの日記。折にふれて拝見させていただいております。

「静かに、健やかに、遠くまで」

ご家族に幸おおからんことを、かげながら祈念させていただきますネ。
しま・ぐんそう
2011/09/03 14:16
色々理解出来ているからこその
”泣き”なんだと思うな。
1時になれば、絶対ママが帰ってくるって
気持ち的に安心できれば、また分離できるよ!
うちも始めはひどかったよ、、、。
今では投げキッスして、バイバイしてるよ(笑)
あとは、終わった後に褒めてあげたりしてるかな。。。
じゅん
2011/09/04 08:15
風車のとこ、チューリップ以外知らなかった〜…ひまわりは行けそうもないのでコスモス行ってみます☆
まなかちゃん、またできるよーになりますよ♪
いつもの病棟、術後一週間付き添いしたら夜中誰かしら泣いてて泣き疲れで寝てる感じでしたね…やっぱりとは思うものの、うちのこじゃないけどなんか心が痛みました。そんな後ですもん、やっぱり不安だと思います。徐々に…ですよ♪
今月一週間位入院します!気管の形を良くするために就寝中に呼吸器つける練習なんで付き添い入院です。昼間やることないから、体力あまっちゃって大変そうです…f^_^;
ゆうたろうママ
2011/09/04 12:01
>しま・ぐんそうさん
子育ての先輩として、あたたかいコメントありがとうございます♪
たまに、グチも入りますが(笑)、これからも末永く読んでいただけたら幸いです。
同窓会でまた会いましょう〜(^^)/
かななん
2011/09/05 16:28
>じゅん
投げキッス、かわいいね(*^。^*)
マナカは、なんに対しても、ビビリーだから、きっと性格的なものもあるのかもねぇ。
3歩進んで2歩下がる・・って感じだけど、それでも着実に1歩は進んでるんだもんね。
気長にがんばるよー!
かななん
2011/09/05 16:33
>ゆうたろうママさん
そうだね、、徐々にだよね!ゆっくりがんばっていきま〜す!
ゆうたろう君、今月、入院なんだー・・・。ゆうたろう君は、マナカよりもはるかにたくさん入院している気がするけど、いつもニコニコしているイメージがあって、たくましいね!一緒に入院していた時も、あの笑顔に癒されました♪
付き添い入院、ママも大変だね。がんばれ〜!!
かななん
2011/09/05 16:45

RANKING

ランキングに参加しています。
マナカと同じ様に頑張っている子供達がたくさんいるので、そちらもご覧くださいね。
↓ポチッとクリックお願いします♪ にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ

Twitter


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
母子分離 真ん中まなか〜先天性疾患を持つ子の育児日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる