真ん中まなか〜先天性疾患を持つ子の育児日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 手の外科受診(2011年3月)

<<   作成日時 : 2011/05/03 09:24   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

マナカの通院記録・・・

ちょっと(かなり)過去のことですが・・・

3月23日に受診した手の外科のお話しです。


右手の親指が、
ちょっと弱い感じで、

あまりしっかりと曲がらないマナカ。

これまで、はっきりと病名は言われたことがなかったのですが、

3月の受診の時、

「母指形成不全」と先生に言われました。

・・・と、言っても、

一言に母指形成不全と言っても、
症状は様々なので、

病名から、マナカの手がどういった感じなのかは、
よくわからないかと思いますが・・・

マナカの場合は、
一見、みた感じでは、まったくわからないくらいで、

親指の付け根の筋が少なく、
第一関節の曲がりがほとんどない・・という感じです。


手の外科の先生には、
これまで、半年毎に経過を診てもらっていて、

今回で、3回目の診察だったのですが、

前回(半年前)の診察で、
言われていた通り、

今回は、手術の予約をしてきました。

手術は、今年の7月です。

今回、手術するのは、
親指の付け根の筋の部分。

小指側にある筋を、
親指の付け根に移動することで、

親指の付け根の筋を、
強くするというような手術です。


入院は2泊3日で、
これまでマナカがうけてきた手術の中では、
1番短い入院ですむので、それが唯一ホッとできる点ですが、

ただ、手術後1ヶ月間は、
右手はギプスで固定しなければならず・・・。

ちょっと不自由な生活になりそうです。




実は、手術を予約した後、
パパの仕事の関係で、

いったん手術をキャンセルしたものの、

結局、やっぱり予定通り7月に予約しなおしたり・・・。

ちょっとすったもんだあって、、、

4月26日に他科への通院の際に、
整形外科にも顔を出したら・・・

これまで、手の外科の先生は、
常勤ではいなかったのですが、

この4月から、手の外科の常勤の先生(マナカの先生とは別の先生)が、
いらっしゃったらしく、、、

その先生にも、
いろいろ、診ていただいたりもしました。


結果、予定通り、
7月に手術がうけられることになり、一安心です。



後から、考えると、手術の時期が夏で、
その時期にギプスだと、

水遊びができなかったりするから、
秋の方がよかったかな・・とか、、、

ホントにその時期でよかったのかなー・・などと、
心配になったりもするけれど、

結局、どのタイミングでも、
不便さは、あるんだろうから、

ガマンさせなければならないのは、
いつでも一緒なのかな・・と自分を納得させたりして・・・。


なんだかんだ言っても、
一番、大変なのは、マナカだからね・・。

私は、精一杯サポートするのみです。


もうちょっと先だけど、
がんばって、ともに手術を乗り越えたいと思います



ランキングに参加しています。
↓↓↓ポチッとクリックで応援お願いします♪

にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

RANKING

ランキングに参加しています。
マナカと同じ様に頑張っている子供達がたくさんいるので、そちらもご覧くださいね。
↓ポチッとクリックお願いします♪ にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ

Twitter


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
手の外科受診(2011年3月) 真ん中まなか〜先天性疾患を持つ子の育児日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる